アメリカでよく使われる名前や苗字の特徴をランキングでご紹介!

アメリカ人の名前は、日本と同様に苗字が使われています。

そこで気になるのが

アメリカで使われる苗字の特徴ですよね~!

実際にはどんな苗字がよく使われているのか?

そこで今回は、アメリカの名前の苗字の特徴を

ランキングでご紹介していきたいと思います。

不安なく自分らしいライフスタイルを築きたいとお考えのあなたへ!

▼もっと深く自分を知りたい。

▼ライフワークを見つけたい。

▼しなやかに無理せずに自分らしく生きたい。

このように考えることはありませんか?

興味がありましたらこちらをお読みください。


無理せず自分らしくいるために!

アメリカで使われる名前・苗字の特徴!

アメリカ人の名前でも、苗字が使われています。

日本の場合、フルネームは【苗字+名前】となります。

しかし、アメリカの場合フルネームは【苗字+名前】となり

ご存知の通り日本とは逆なのが特徴ですね。

また、アメリカでは苗字の事をラストネーム(Last Name)と呼びます。

アメリカの苗字の由来には特徴があり

アメリカの苗字の約40%が地名の由来です。

そして、約30%が父称名の由来とされています。

さらに、約15%が職業の由来とされており

約10%がニックネームの由来とされているのです。

そのため、アメリカ人に出会ったときには

苗字の由来について注目したり聞いてみてください!

アメリカで使われる名前・苗字のランキング!

第1位 スミス(Smith)

アメリカで最も使われている苗字がスミスで

スミスは、職業由来の名前となっています。

古英語においてスミスは「職人」を意味しています。

そのため、「鍛冶職人」「金細工職人」

「銀細工職人」「ブリキ職人」などにルーツを持つ人が

スミスの苗字を名乗っていることが多いとされているのです。

日本人だと、アメリカ人の俳優である

ウィル・スミスをイメージする人が多いのではないでしょうか?

第2位 ジョンソン(Johnson)

アメリカでスミスに次いで

多い苗字とされているのがジョンソンです。

ジョンソンの由来は、父称名とされていて

父親のジョン(john)の名前に

子供の意味を持つsonを付けたとされているんですね~。

また、ジョンソンは

イングランド系の苗字とも言われているのです。

日本だと、アメリカに本社を置く製薬会社

「ジョンソン・エンド・ジョンソン」

などのイメージが強いのではないでしょうか?

ちなみに、ジョンソン・エンド・ジョンソンの創業者は

ロバート・ウッド・ジョンソンであり

2人の兄弟とともに立ち上げた会社です。

第3位 ウィリアムズ(Williams)

ウィリアムズも、アメリカでは

ポピュラーな苗字となっています。

ウィリアムズの由来も、父親の名前からで

父親の名前はウィリアムであり

子供にsを付けたものとされているのです。

また、それだけでなくウィリアムズは

ウェールズ系の移民が使用した苗字ともされています。

ウィリアムズはアメリカだけでなく

英語圏の多くの地域で使われている苗字なのです。

第4位 ブラウン(Brown)

アメリカでよく使われる名前・苗字としては

ブラウンが挙げられます。

ブラウンは、祖先の容姿が由来とされており

肌の色が褐色だったり

髪の色が茶色だったりしたとされているのです。

日本人だと、スヌーピーに登場する

かわいいキャラクターのチャーリー・ブラウンが有名ですね。

第5位 ジョーンズ(Jones)

アメリカでは、ジョーンズも多い苗字となっています。

ジョーンズの由来は父親の名前であり

ジョーン(jone)に子供を意味する

sを付けたとされているのです。

アメリカだけでなく、英語圏に多い苗字であり

イギリスやオーストラリアなどでも使われています。

まとめ

今回は、アメリカで使われている

苗字についてご紹介してきました。

アメリカでも苗字が使われており

フルネームは【名前+苗字】の順番となっています。

そのため、苗字はラストネームと言われるのです。

由来は、地域名や父親の名前、職業などがあり

アメリカの苗字では

スミスやジョンソン、ウィリアムズが多いですね。

ぜひ、アメリカ人の苗字にも注目して

出会う方に詳しく聞いてみると

面白いことが聞けるかもしれませんね!

また、男の子や女の子の名前ランキング・jrの意味などについてこちらに詳しい記事がありますので参考にしてくださいね。

人気の女性の名前ランキング【10選!】

人気の女の子の名前にある意味は?

男性で人気の名前10選!

男の子に付けられる名前の意味とは?

よく使われる名前や苗字の特徴のランキング!☚今ここ

前でジュニア(Jr)って本当に使われている?

不安なく自分らしいライフスタイルを築きたいあなたへ!

▼もっと深く自分を知りたい。

▼ライフワークを見つけたい。

▼しなやかに無理せずに自分らしく生きたい。

このように考えることはありませんか?

興味がありましたらこちらをお読みください。


無理せず自分らしくいきるために!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする